ラメラエッセンスCは副作用の心配なし!敏感肌の場合は少し注意しよう

ラメラエッセンスCでは副作用の心配はありません。

全ての配合成分は安全性が確認されているので安心して使用して下さい。

敏感肌でも問題なく使えますが体質には個人差があるので、最初は少量から初めて肌の反応をチェックすることをおすすめします。

 

【ずっとお得な定期コースがおすすめ】
今すぐ公式サイトで確認する今ならラメラケア体験セットプレゼント中♪

 

ラメラエッセンスC(美容液)の副作用はありません

上述しているとおり、ラメラエッセンスCの美容液には副作用の心配はありません。

ここからは配合されている成分の副作用の有無や安全性に関して詳しくみていこうと思います。

主な配合成分は下記のとおりです。

【主な配合成分】
コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、ナノカプセル

 

コラーゲンの安全性

コラーゲンは私たちの身体を構成する骨や軟骨、腱(けん)、靭帯、真皮などに含まれているタンパク質の一種です。

体内に存在している成分なので安全性は高いですね。

ラメラエッセンスCのように生コラーゲンを使用しているスキンケア製品は少ないので、生コラーゲン自体の検証データはほとんどありません。

そのため、このページでは使用されているケースが多い加水分解コラーゲンの検証データを紹介します。

<検証データ>
60名の被験者(健常皮膚者50名、アレルギー皮膚者10名)の左側の前腕に30%のブタ由来加水分解コラーゲン(分子量1,000以下、もしくは2,000以下)水溶液0.5mlを24時間にわたる閉塞パッチを適用しました。

被験者の皮膚刺激性を評価したところ、無刺激だったことが報告されています。

【参考文献】
「Safety Assessment of Skin and Connective Tissue-Derived Proteins and Peptides as Used in Cosmetics」Final Report.

 

ヒアルロン酸Naの安全性

ヒアルロン酸は生体内に存在している酸性ムコ多糖類の一種で、分子量が10万~200万のヒアルロン酸ナトリウム塩のことです。

細胞間と繊維間の結合組織を埋める役割を担っています。

私たちの体内にも存在している成分なので、安全性に優れています。

実際に20年以上の使用実績もあり、副作用や健康被害の報告はありません。

キユーピー株式会社が実際した検証実験においても安全性が確認されています。

皮膚一次刺激性と累積皮膚刺激性なし、ヒトパッチテスト異常なし、皮膚感作性は陰性と報告されています。

【参考文献】
「ヒアルロンサンHAシリーズ」技術資料 キューピー株式会社(2016)

 

エラスチンの安全性

エラスチンはゴムのような弾力性のある繊維で、コラーゲンと共に靭帯や血管、皮膚などの結合組織の中に存在しているタンパク質の一種です。

このエラスチンも私たちの体内に存在している成分なので、安全性は高いですね。

使用実績も豊富で、10年以上にわたって化粧品やスキンケア製品に使用されています。

皮膚刺激性や眼刺激性、皮膚感作性もほとんどありません。

<検証データ>
正常なヒト表皮角化細胞を利用して再構築した3次元培養表皮モデル(Irritection Dermal model)を用いた検証実験が行われました。

角層表面に加水分解エラスチンを25%、50%、75%、100%、さらに125μLで処理したところ、皮膚刺激性は確認されませんでした。

【参考文献】
「Safety Assessment of Skin and Connective Tissue-Derived Proteins and Peptides as Used in Cosmetics」Final Report.

 

ナノカプセルの安全性

ラメラエッセンスCでは配合成分の浸透力を高めるために、ナノカプセルを採用しています。

ナノサイズに閉じ込めることで浸透力がアップする一方、身体の内部にまで浸透して悪影響を及ぼすのではないかと心配になるかもしれません。

安心して下さい。ナノカプセルを採用することで浸透力は高まりますが、肌の角質層までしか浸透しません。

それ以上の内部には浸透することはありません。

下記でも詳しく紹介しますが、健康に不安がある添加物も含まれていないので、健康被害を受けるリスクはありません。

過去にナノマテリアルを使用した日焼け止め(酸化チタン配合)が健康に良くないという物議が起こりました。

しかしその後に米国皮膚科学会がナノ材料を用いた日焼け止めに対して、「日焼け止めは紫外線による健康被害から身を守るための、効果的で安全な手段である」とコメントをしています。

さらにFDA(米国食品医薬品局)は「ナノテクノロジーを用いた化粧品のガイダンス案」を、そしてヨーロッパのSCCS(消費者安全化学委員会)は「化粧品中のナノマテリアルに関する安全性評価ガイダンス」をそれぞれ発表しました。

これらの経緯からナノマテリアルに関する安全性が確認されています。

ラメラエッセンスCで採用されているナノカプセルは、生体リン脂質(水添レシチン)で作られています。私たちの肌にも存在している成分なので安心です。

 

【ずっとお得な定期コースがおすすめ】
ラメラエッセンスCの公式サイトはこちら今ならラメラケア体験セットプレゼント中♪

 

マンニトールの安全性

マンニトールはグルコースのアルデヒド基を水酸基に還元して得られる水溶性の多価アルコールのことです。

ラメラエッセンスCのようなスキンケア化粧品に配合する場合は、保湿作用やビタミン類を安定させるために採用されます。

マンニトールは食品添加物としても使用されていて、長い使用実績もあります。

また、スキンケア目的で配合されている製品においても、皮膚刺激や皮膚感作性(アレルギー)はほとんど報告されていないので、安全な成分だと言えます。

【参考文献】
「D-マンニット」化粧品成分用語事典2012 鈴木 一成

 

ラフィノースの安全性

ラフィノースはビート(甜菜)の廃蜜糖から抽出して得られるオリゴ糖成分です。

ラメラ構造の形成を促す目的で配合されています。

詳細な検証データは存在しませんが、10年以上の使用実績がある点や、ラフィノースが原因と考えられる副作用や健康被害などの報告がないことなどから、安全性が高いと言えます。

皮膚刺激性や皮膚感作性もほとんどありません。

 

トレハロースの安全性

トレハロースはグルコースが1,1-グリコシド結合してできた二糖(オリゴ糖)の一種です。

化粧品やスキンケア製品に配合する場合は保湿目的で使われます。

使用実績も10年以上と長く、副作用や健康被害などの報告もありません。

トレハロースの安全性試験も実施されていて、安全性が確認されています。

林原生物化学研究所が実施した安全性試験によると、ウサギを用いた一次皮膚刺激試験では皮膚刺激性は確認されませんでした。

【参考文献】
「トレハロース」安全性データシート 株式会社林原生物化学研究所(2009)

 

フィトステロールズの安全性

フィトステロールズとは、植物油の脱酸工程から抽出されるガム質から得られるステロールのことです。

大豆などにも多く含まれていることから、植物ステロールと呼ばれています。

皮膚に潤いを与えたり、柔らかくするために配合されています。

フィトステロールズは使用実績が長く、副作用や健康被害などの報告もありません。

安全性に関する試験もいくつも行われていて、安全性が確認されています。

<検証データ>

10名の被験者を対象にして、前腕のすりむいた皮膚に100%フィトステロールズ1mLを3日間連続して24時間チャンバーを適用する検証が行われました。

チャンバーを除去した30分後と次のチャンバー適用前に対象部位を評価したところ、どの被験者も皮膚への刺激を感じませんでした。

【参考文献】
「Safety Assessment of Phytosterols as Used in Cosmetics」Final Report

 

カルボキシメチルデキストランNaの安全性

デキストランのカルボキシメチルエーテルのナトリウム塩のことです。

スキンケア製品などに配合する場合は増粘性・保湿作用などが期待できます。

詳細な検証データは見つかりませんでしたが、多くの化粧品やスキンケア製品に使われている点や、カルボキシメチルデキストランNaが原因と考えられる副作用や健康被害も報告されていません。

そのため、安全性が高い成分だと判断することができます。

実際にラメラエッセンスCを使ったことがある方々の口コミ評判は下記のページで詳しく紹介しています。

これからラメラエッセンスCを購入しようかどうか迷っているなら参考になると思います^^

⇒ ラメラエッセンスCの口コミ情報ラボ!悪い口コミ・評判も紹介

 

【ずっとお得な定期コースがおすすめ】
ラメラエッセンスCの公式サイトはこちら今ならラメラケア体験セットプレゼント中♪

 

専用ウォーターの副作用もありません

ラメラエッセンスCでは美容液だけでなく、専用ウォーター(化粧水)もセットになっています。

この専用ウォーターに配合されている成分に関しても安全性が確認されています。

その中に配合されている主な成分は下記のとおりです。

ビタミンC配糖体(アスコルビルグルコシド)、セイヨウナツユキソウ花エキス、リュウガン種子エキス、ローヤルゼリーエキス、BG、ペンチレングリコール、クエン酸Na、クエン酸、水酸化K

 

ビタミンC配糖体(アスコルビルグルコシド)の安全性

アスコルビン酸(ビタミンC)にグルコースを縮合させて生成される水溶性ビタミンC誘導体のことです。

ビタミンCと同様に、色素沈着抑制作用や抗炎症作用、抗老化作用などがあります。

アスコルビルグルコシドの使用実績は20年以上もあり、副作用や健康被害も報告されていません。

岡山大学薬学部と林原生物化学研究所、加美乃素本舗、資生堂の共同研究によると、アスコルビルグルコシドは無刺激で、皮膚感作性(アレルギー)は確認できなかったと報告しています。

【参考文献】
「皮膚外用剤」山本 格, 他(1992)

 

リュウガン種子エキスの安全性

リュウガンはムクロジ科ムクロジ属の常緑小高木で、その種子から抽出しています。

天然の果実から抽出されるエキスであり、漢方としても利用されていることから、副作用の心配はありません。

実際にリュウガン種子エキスが原因と考えられる副作用や健康被害の報告はありません。

 

ローヤルゼリーエキスの安全性

ローヤルゼリーは働きバチが食べた花粉や蜜を体内で分解・合成して分泌された物質から抽出されるエキスのことです。

非常に栄養価が高い成分で、健康食品などに使用されることが多いです。

ラメラエッセンスCのようなスキンケア製品に使用される場合は、保湿作用を高めるために配合されます。

詳細な検証データはありませんが、健康に良い成分なので、副作用や健康被害の心配はありません。

使用実績も20年以上あり、皮膚刺激性や眼刺激性、皮膚感作性などはほとんどありません。

【参考文献】
「ローヤルゼリーの生成と有用性および化粧品への応用」Fragrance Journal 杉井 伸二(2002)

 

BGの安全性

アセトアルデヒドのアルドール縮合物を水素添加して抽出される多価アルコールのことです。

スキンケア製品として使用する場合は皮膚を柔らかくしたり、保湿目的で配合されます。

多くの化粧品やスキンケア製品に使用されていて、実際にBGが原因と考えられる副作用や健康被害の報告もありません。

BGの安全性に関する検証データでも、安全性が確認されています。

<検証データ>
200名(男性80名、女性120名)を対象にして、50%ブチレングリコール水溶液0.9mLを二の腕部分に24時間閉塞パッチを行いました。

週に3回のペースで合計15回測定して、2週間の休息期間をおき、さらに24時間の閉塞パッチを実施したところ、皮膚刺激性の反応は確認されませんでした。

【参考文献】
「Final Report on the Safety Assessment of Butylene Glycol Hexylene Glycol Ethoxydiglycol and Dipropylene Glycol」International Journal of Toxicology

 

ペンチレングリコールの安全性

ペンチレングリコールは二価アルコールの一種です。

保湿作用や抗菌・防腐作用があることから、スキンケア製品や化粧品、洗浄製品などのさまざまな用途で使われています。

さまざまな製品に使われていることから、副作用の心配はありません。

マンダムが実施した安全性試験においても安全性が確認されています。

70名の健康な被験者の中からピリピリした皮膚刺激に対して感受性の高い7人を抽出しました。

そしてこの7人を対象としてペンチレングリコールを配合した製品と、パラベンを配合した製品を頬部に塗布して、その皮膚の刺激性を独自の皮膚刺激スコア(1.0を閾値として刺激性が強いと判定)で評価しました。

パラベンを配合製品が1.3という数値であったのに対して、ペンチレングリコールを配合した製品は0.4という数値となり、ほとんど皮膚刺激性がないと判断されました。

【参考文献】
<a href=”https://www.mandom.co.jp/release/2005/src/2005091401.pdf” target=”_blank”>マンダムによる独自技術保湿成分[アルカンジオール]の抗菌性を応用した防腐剤フリー(無添加)処方の化粧品を実現</a>

 

クエン酸Na・クエン酸の安全性

デンプン質などの糖類を糸状菌によって発酵して抽出される有機酸のことです。

ラメラエッセンスCのような化粧品やスキンケア製品に配合する場合は、pH調整による緩衝や収れん作用が期待できます。

安全性に関しては、皮膚刺激性や皮膚感作性はほとんどありませんが、スティンギングでは5%濃度以上でpH5以下の状況において可能性があります。

ちなみにスティンギングとは、製品を使用した際に感じるピリピリ(ヒリヒリ)とした一時的な刺激のことです。

但しラメラエッセンスCではクエン酸Naと併用して、pH調整の緩衝剤として使用されるため濃度も低く、安全に使用できると判断できます。

<検証データ>
20名(男性6人、女性14人)の被験者を対象にして、5%クエン酸水溶液(pH4)50μLを朝晩1日2回4日間連続で閉塞パッチを適用しました。

水分蒸散量や皮膚の色を観察した結果、皮膚刺激は確認されませんでした。

【参考文献】
chlicmann-VVillers S, et al,2005

 

水酸化Kの安全性

水酸化K(カリウム)は水溶性のカリウム水酸化物のことです。

スキンケア製品などには、中和反応による増粘作用やpH調整による緩衝目的で使用されています。

水酸化Kを単一で使用すると、5%以上の濃度になると毒物・劇物に指定されています。

一見すると危険な成分に感じますが、化粧品やスキンケア製品に使用する場合はけん化・中和反応によって弱アルカリ性となるため、刺激性や毒性はなくなります。

実際にさまざまな製品に配合されていて、使用実績も非常に長いです。

 

【ずっとお得な定期コースがおすすめ】
ラメラエッセンスCの公式サイトはこちら今ならラメラケア体験セットプレゼント中♪

 

無添加の安全な美容液です

虹

ラメラエッセンスCでは安全性にこだわって作られています。

健康面に不安を感じる添加物を極力排除しています。

下記の添加物は含まれていません。

合成界面活性剤、パラベン、フェノキシエタノール、エタノール、鉱物油、香料、色素

 

合成界面活性剤の危険性

石油系の原料で作られている合成界面活性剤は、肌のバリア機能を破壊する性質があります。

毎日使い続けることで肌荒れや湿疹、かぶれ、アトピーなどの症状が現れることがあります。

また、合成界面活性剤には残留性があり、長年にわたって体内に侵入して吸収され続けると、さまざまな悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

パラベンの危険性

パラベンは防腐剤の一種で、化粧品などに配合することで成分の品質を一定に保つことができます。

化粧品だけでなく、医薬品や食品などにも使われています。

基本的な安全な成分ですが、肌が弱い場合などには湿疹を起こしたり、ヒリヒリ感や赤くなることもあります。

その他にはアレルギーを引き起こす恐れや環境ホルモンとしての疑いもあります。

 

フェノキシエタノールの危険性

フェノキシエタノールとは、エチレングリコールの水酸基にフェノールの水酸基がエーテル結合した芳香族アルコールのことです。

防腐剤として使用されていますが、パラベンと同様にアレルギーを引き起こす恐れがあります。

パラベンは旧表示指定成分に分類されているため、フェノキシエタノールの方が安全だと言われていますが、実際のところはパラベンと同様の危険性があります。

 

エタノールの危険性

石油由来の場合はエチレンから合成、そして植物由来の場合は糖から抽出した糖蜜を発酵させて作られます。

抗菌・防腐作用があるので、製品の安定性を高める目的で使用されています。

決められた使用量を配合している場合は危険性はないですが、稀にアレルギー性接触皮膚炎として紅斑や蕁麻疹のような症状が現れる恐れが指摘されています。

<検証データ>
1982年から2008年の期間において日本人のエタノール接触皮膚障害は接触蕁麻疹⇒38例、アレルギー性接触皮膚炎⇒18例、接触蕁麻疹とアレルギー性接触皮膚炎⇒2例、接触蕁麻疹と刺激性接触皮膚炎⇒1例でした。

パッチ塗布5分後に紅斑が生じる即時型アレルギーが大半で、稀に24~72時間後においても紅斑が持続または増強する遅延型反応が確認されています。

【参考文献】
「エタノール接触皮膚障害症例と交差反応について」Journal of Healthcare-associated Infection 遠藤 博久、他(2009)

 

鉱物油の危険性

ミネラルオイルや流動パラフィンなどとも呼ばれていて、成分の防腐目的で配合されています。

低品質の鉱物油には発がん性のリスクがあると指摘されています。

近年の技術進歩によって、鉱物油の品質は飛躍的に向上しています。

日本国内のメーカーから販売されている化粧品やスキンケア製品にはしっかりと精製され高品質の鉱物油が採用されています。

基本的には安全なのですが、発がん性というフレーズが強過ぎて、使用を控えるメーカーが多いです。

 

香料の危険性

香料には天然香料と合成香料の2つに分類できますが、ここでは科学的に作られる合成香料のことを指します。

合成香料は石油から抽出されるエチレンやアセチレン、精油から分離されるテルペン化合物、油脂から抽出される脂肪酸などが使われています。

化粧品として使われる香料だけでも、4,000種類も存在します。

成分の中には発がん性などの毒性があるものも存在していますが、使用禁止などの基準に関しては業界の自主規制となっています。

また、肌だけでなく、体内の神経にもダメージを与える恐れがあります。

 

色素の危険性

色素(着色料)はテクスチャーの色を良く見せるために使用されます。

化粧品やスキンケア製品だけでなく、食べ物などにも使われていますね。

成分表には、赤色○号や青色△号などと記載されています。

中には発がん性がある成分もありますが、それは直接摂取した場合です。

肌に塗る場合に関しては発がん性のリスクはありませんが、肌に刺激を与えて肌荒れを引き起こす恐れはあります。

 

敏感肌でも使えますが念のためにパッチテストをしよう

女性の指

上述しているとおり、ラメラエッセンスCは7種類の添加物を排除して作られているので、敏感肌でも安心して使えます。

但し、敏感肌は体質によってかなり差があるので、念のためにパッチテストをしてから本格的に使用するようにしましょう。

パッチテストとは、皮膚のかぶれ(アレルギー性接触性皮膚炎)や薬剤アレルギーなどの遅延型アレルギーの原因を探る検査のことです。

医療機関などで実施する場合は2日後、3日後、7日後にわたって細かくチェックしますが、自宅で行う場合はそこまで細かく実施する必要はありません。

 

パッチテストのやり方

腕の内側の一番薄い部分にラメラエッセンスCを少量塗りつけ、一定時間そのまま放置します。

朝に塗って、夜のお風呂に入るまでの時間帯で十分です。

そして塗布した部分に腫れや赤み、かぶれ、湿疹などの症状が現れないかをチェックします。

肌に異常がないことが確認できたら本格的に使用しましょう。

逆に何らかの異常が現れた場合は使用を中止するか、医師の診察を受けるようにして下さい。

ラメラエッセンスCでは30日間の全額返金保証が付いているので、万が一肌に異常が合われたとしても返金してもらえるので安心です。

 

【ずっとお得な定期コースがおすすめ】
ラメラエッセンスCの公式サイトはこちら今ならラメラケア体験セットプレゼント中♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました